借入金額と返済金額

独立系大手消費者金融アイフルがネット上でも評判が良い

借入金額と返済金額

アイフルのカードローンを契約する時には、限度額が決められています。借入残高が限度額を超えない限りは、何度でも繰返し、借入れが可能です。アイフルでは限度額50万円までならば、免許証のみで契約が可能です。

 

その為か、利用者の多くは限度額50万円以内の範囲で利用をしています。借入れは必要な分だけ行えるので、限度額50万円のカードローンであっても、1,000円単位で必要な分だけ借入れできます。

 

アイフルでは借入残高に応じて毎月の返済額が決定します。アイフルの場合、返済サイクルが毎月同日の約定日制と、35日毎に返済するサイクル制の2種類から好きな方を選択できます。

 

借入残高が10万円以内の場合、毎月の返済額は、約定日制で4,000円、サイクル制で5,000円となります。借入残高が増えるほど返済額は増えていくので注意が必要です。例えば借入残高が10万円超20万円以内の場合、返済額は約定日制で8,000円、サイクル制で9,000円となります。限度額50万円のカードローンで限度額いっぱいの50万円借りた場合、返済額は約定日制でも13,000円となります。

 

返済額は借入をした時点で決定するので、例えば50万円借りた場合、完済まで返済額は一定です。ただし、新たに借入をした時点で、その時の借入残高によってまた返済額が決定します。

 

大きな金額を借りれば返済金額も大きくなってしまい、毎月の返済も大きな負担となります。同じような借入先が増えればそれだけ負担も倍増していくので、利用先がアイフル以外にも増えてしまった場合には消費者金融のおまとめローンでの一本化が有効となります。